【OVERKILL’s The Walking Dead】面白いの?【レビュー】

どうもハイビーです。

最近は「OVERKILL’s The Walking Dead」漬けの毎日を送っております。
仕事が忙しくなくて本当に良かった!

このゲームが気になっている人も多いかと思います?ので今日は3日間プレイしてみてのレビューをまとめたいと思います。
あくまで主観となりますので、その辺はご了承ください。

あと、Steamのレビューも結構充実しているので、そちらも参考にしてみてください。
個人的には、肯定派も否定派も間違ってないと思います。

最初に結論だけ言ってしまうと、個人的には楽しいけど万人にはオススメできないゲームという感じです。

【広告】

どんなゲームなの?

複数あるミッションから選択してプレイしていきます。
ミッションには「探索系」と「防衛系」が存在しており、それぞれ異なります。
ミッションをこなし、レベルを上げ、武器や武器MODを集める。ということをひたすら繰り返していくことになります。
そのため、同じミッションをひたすら何回もやることに対して苦痛を感じる方には、おすすめできません。

「Payday2」をプレイしていた方は「まんまじゃん」と思うような内容になってます。
ミッションについても探索がAで、防衛がBですね。
個人的には、敵がゾンビと敵対コミュニティの生存者になったくらいの違いしかないかと思います。
なので「Payday2が合わなかった。」という方は、買ったら後悔すると思います。

探索系ミッション

拠点から離れた土地に行き、探索をしながらおつかいをこなしていくミッションです。
探索の場合は、武器や武器MODが道中に落ちている場合があるのでなるべく探しながら探索をします。
ただ、そちらに執着するあまり全滅しては仕方がないので状況によってはあきらめる必要もあります。

また、ホードゲージというものが存在しており、これは銃の発砲音やトラップ等により上昇していきます。
0の状態からスタートして最大3まで上昇し、1以上になるとマップ内の特定のエリアからゾンビがわく様になります。
3の場合はもはや手が付けられない程、ゾンビだらけになります。
なお、このゲージを減少させる手段が存在しないため、一度上がったら下げることはできません。
そのため、基本的にはこのゲージを上昇させないよう立ち回る必要があります。
ですが、道中にいる敵対コミュニティの生存者は、そんな事などお構いなしに銃を撃ってくるため戦闘が長引くとゲージがどんどん上昇し、厳しい状況に追い込まれます。
その様な状況にならない様、こっそり倒すか、戦闘状態になってしまったら素早く処理する必要があります。

敵対している生存者、ゾンビと入り乱れている場合もあり、その時その時の状況判断が重要になります。

防衛系ミッション

拠点を襲ってきたゾンビ、または生存者から拠点を守り抜くというミッションです。
こちらには、上述したホードゲージがないため好きな武器で遊ぶことができます。

ただし、敵対コミュニティによる襲撃の場合は、敵が固いためショットガンやスナイパーライフルなどの高火力の武器でないと殲滅速度が間に合わない傾向にあるため注意してください。
ゲーム内にはアサルトライフルもあるのですが、反動がすごいため個人的にはかなり使いずらい印象を受けました。


それぞれミッションについて説明しましたが、基本的には探索系ミッションがメインとなります。
そのため、ステルス寄りのゲームとなるため、派手に立ち回ったりしたいという人には不向きです。
また、生存者との戦闘中にゾンビまで入ってくると落ち着いて対応している暇もなくなるため、その辺がストレスになるかもしれません。
他にも、自分たちのコミュニティを運営する要素等はあるのですが、あくまでもメインではないため上記を楽しめるかが重要です。

そのため、満を持してオススメできるのは下記を楽しいと思える方です。

  • ステルスゲーム特有の石橋を叩いて渡る感じが好きな方
  • 良いアイテムを得るために、同じクエストを何回も周回することも厭わない方
  • 難しい難易度のミッションを何度も失敗してもめげない方
  • 最後に、多少の暴言やキックにもめげない方
    • マルチプレイヤーゲームの宿命でしょうか。。。

なので、上記を踏まえた上でも楽しそうと思える方以外にはオススメできません。

まとめ

いかかでしたでしょうか。少しでも参考になれば幸いです。
実際のミッションの雰囲気については、たくさんの方がプレイ動画を上げたり、実況配信を行っておりますのでそちらを参考にしたほうがわかりやすいかと思います。

私もTwitchで配信しておりますので、暇なときに覗きに来てくれると嬉しいです。
また、Discordも開設しておりますので、ぜひご参加ください!!
そして一緒にプレイしてください!!